レイクサイド ワールドプロフェッショナル

1978年に始まった世界で最も歴史ある大会です。エンバシーの名称から現在のレイクサイドに名称変更されました。厳選された世界のトッププレイヤー達の戦いは英国の正月の風景の一つにもなっています。ジョン・ロウ、エリック・ブリストウ、ボブ・アンダーソン、フィル・テイラー、ジョン・パート、マーチン・アダムス、ジョン・ウォルトン、レイモンド・ベルナベルドなど歴代優勝者には名だたる選手が連なります。

shimizu

残念ながら過去、日本人選手は出場の機会はありませんでしたが、今年度(2014年1月)からアジア最高選手としての出場機会が設けられ、日本初の代表選手として清水浩明選手がBDOよりノミネートされJSFDが推薦いたしました。

レイクサイド ワールドプロフェッショナルは招待選手の大会です。宿泊費、交通費はレイクサイド側の補助があります。また出場全選手に成績に応じた賞金が授与されます。

 

レイクサイド ワールプロフェッショナルの出場まで

選手登録

JSFDに選手登録する必要があります。(JSFD選手登録参照)

JSFDに選手登録することで、WDFに選手登録されます。

 

選考トーナメントへの出場

レイクサイド ワールドプロフェッショナルへの出場は世界で50名という非常に狭き門です。選考トーナメントの多くは欧州にて開催され、ワールドポイント取得も欧州拠点でないとより難度が高くなります。そのため、2014年よりアジア地域の選手のために、アジア最優秀選手枠が設けられました。レイクサイド・アジア・クオリファイのトーナメントに出場し優勝することが、最短の道になります。

レイクサイド・アジア・クオリファイは2014年7月12日(土)に東京開催予定です。

日本選手の出場条件は2012-13年度年間ポイントランキング32位タイまで、または2013-14年年間ポイントランキングが2014年6月30日現在で32位タイまでです。

 

アジア・クオリファイ参加資格

WDF加盟のアジア諸国の団体登録選手で、当該年度の成績が各国ランキングでTOP32且つ各国加盟団体の推薦のある選手に限られます。2014年は残念ながら男子のみの選考となります。女子の選考は現在協議中で、レイクサイド側の決定があり次第スタートいたします。

 

■レイクサイド 
     http://www.dartswdf.com/category/3-lakeside/
     http://www.lakesideworlddarts.co.uk/