公益法人化

一般社団法人JSFDは、JOC(日本オリンピック委員会)、日本体育協会、JADA(日本アンチ・ドーピング機構)への加盟と、ダーツの国民体育大会競技種目化を目的として、公益社団法人認定を目指し、活動しています。JADAには2017年参加予定。
JSFDは福祉スポーツを支援しています。

ウエルネスダーツ

ウエルネスダーツは発泡ポリエステル製の超軽量な10分割のボードを使った新しいダーツです。
ダーツもソフトチップを利用し安全性を高めました。
小学生(ジュニア)と60歳から始める生涯スポーツ(シニア)を対象に活動しています。
各地域でJSFDダーツプレイヤーを中心に指導員を育成しています。
現代社会のテーマである高齢化問題、地域交流問題の改善の一助となっています。
フレイル予防、認知症・介護予防、地域交流・多世代交流に有効で自治体や社会福祉協議会、地域包括支援センター、高齢者グループで幅広く取り入れていただいています。
2016年アジアパシフィックカップ大阪茨木大会でもエキシビションを実施し、各国選手や監督からでも賞賛いただきました。
http://www.welldarts.org/